人身事故!事故に遭ったら…。

もし人身事故に遭ってしまった場合…。
当人だけでなく家族も何をしたらよいか分からなくなってしまう場合もあることでしょう。
ここでは、人身事故に遭ってしまった場合の被害者が行った方がよいことをまとめてみました。
まずは、警察に連絡することになります。
警察側では、示談は行わないことが原則になります。
警察の捜査で調べた資料は、示談に持ち込む際に必要な情報になることも多いことを頭の片隅に入れておくと良いでしょう。
次に、事故を起こしてしまった加害者の住所や氏名・車の車種やなナンバープレートの番号・加害者の保険会社の確認をします。
さらに、お互いの保険会社に連絡をすることが必要になります。
被害者側は、直接本人に連絡することは避けて、お互いの保険会社や警察と連絡を取り合い、話をすすめてゆく場合が多いです。

また、被害者に方は、病院に通院を開始して、事故での被害が無いかどうか検査などをする必要もあります。
もちろん、診断書もきちんと書いてもらう必要があります。
事故での後遺症がある場合などには、病院での通院などが一段落ついてから、後遺障害等級申請を行ったりする人もいます。
事故の示談交渉も行っておくと良いです。
最後に、示談交渉で解決しなかった場合には、裁判を行う手続きも必要になります。
示談交渉が成立すると、基本的に保険会社との付き合いは終了して、示談書に書かれた金額以上のお金を請求することは困難になります。

事故は巻き込まれてしまうと、怪我や通院や入院は付きもになることが多いです。
交通事故に遭った際には、知らないと損をしてしまうことも多くあります。
事故の状態により、必要なやるべきことは変わる場合もあります。
とにかく、本人だけではなく家族の協力も不可欠になります。



~pick up site~
人身事故に遭ってしまった場合の交通事故示談の流れがわかるサイトです ⇒⇒⇒ 交通事故 示談

Copyright © 2014 人身事故被害者が損をしないためには? All Rights Reserved.